宝石商が伝えたい、ブライダルリングのダイヤモンドを選ぶ時のポイント その2 クラリティについて

こんにちは(*^^*)


アトリエジェムカフェの佐藤宏太です。


オーダーメイドのブライダルリングをお探しの方。まずは私にご相談下さいませ(*^^*)


さて、前回はダイヤモンドの評価基準である4cのうち、


カラットとカットに関してお伝えしました。


↓まだお読みでない方はぜひこちらからどうぞ↓

宝石商が伝えたい、ブライダルリングのダイヤモンドを選ぶ時のポイント その1


今回は残りのクラリティとカラーについて、私の思うところをお伝えさせて頂きます。


クラリティとカラーに関しては、ぶっちゃけてしまえば、


「完全に好み」の問題となります。が・・・もちろんポイントがございます。


まずはクラリティ。言葉の意味は、後ほど詳しく説明します。


VVS、VSがブライダルリングの標準でしょうか。


こだわりの方はIF、果てはFLという方もいらっしゃいます・・・。


純粋無垢な花嫁に渡す大切な指輪、これから一生お着けになるのですから、


FL=フローレス、つまり外部、内部ともに一切のキズや欠陥のない、


本当に純粋無垢なダイヤモンドを選ぶというのも、非常にロマンティックです。私も好きです。


但し・・・皆さん、このVSやらSIやら横文字の意味をご存知でしょうか?


基本的には、「10倍ルーペで見た時の内部状況」が判断基準となっています。


じゃあ肉眼でみてわかるかというと・・・?


正直、私は1カラット以下でしたら、わかりません。


2カラットくらい(直径約8mm!)くらいですと、目近で見て「あ、確かに見える」といった感じでしょうか。


ちなみに、評価の高い順(ダイヤモンドの内部・外部に内包物、キズ、欠け、その他欠陥がない)に、


FL 無欠陥 (10倍ルーペで見て内外に欠陥が確認できない)

IF 内部無欠陥 (10倍ルーペで見て内側に内包物無し)

VVS1-2(10倍ルーペで見て、ほんの少し内包物がある)

VS1-2(10倍ルーペで見て、ちょっと内包物がある)

SI1-2(10倍ルーペで見て、すぐ内包物が確認できる)

I1-3(肉眼で見て、内包物が確認できる)


上記の通り、Iクラスになって初めて、肉眼での判別になります。


大手ダイヤモンドの鑑定期間、GIAの表記に従えば、


Iクラスのみ「透明度や輝きに影響を及ぼす可能性あり」と言われていますが。


私自身、SIクラス以上であれば、正直さほど見た目の輝きには影響がでないと感じます。


あ、「Iクラス」はカラーではなく、クラリティの表記ですので、お間違いなく!念のため・・・(^^;


宝石の世界はわかりづらくて間違えやすいところもありますので、


わからない・知りたいことは、どんどんスタッフにご質問下さいませ。


最後の「カラー」に関しては、また後日ご紹介させて頂きます。


【2019年12月限定 オーダーメイドで作るウェルカムボードをプレゼント中!】

↓詳しくはこちらから↓


【5組限定】ブライダルリングをご成約の方に、オーダーメイドのウェルカムボードをプレゼント致します。