婚約指輪や婚約ネックレスのダイヤモンドを選ぶ時のポイント1:カラットとカット

更新日:7月1日

こんにちは(*^^*)

アトリエジェムカフェの佐藤宏太です。


今回はブライダルリング、特にエンゲージリング、婚約指輪には欠かせない

「ダイヤモンド」

の選ぶ時のポイントを、お伝えしたいと思います。



婚約指輪用のダイヤモンド 婚約指輪 山形県山形市のジュエリーショップ 宝石店 アトリエジェムカフェ


ダイヤモンドは評価の基準がはっきりとしています。

「4c」と呼ばれる評価ですね。


ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、4cとは


Carat カラット・・・重さ


Cut カット・・・研磨の美しさ


Color カラー・・・色


Clarity クラリティ・・・内包物


以上4つの頭文字を取って「4c」です。


婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ時は、この4cをどの程度の範囲から選ぶかを

決める事になります。



ダイヤモンド 保証書 鑑別書 トリプルエクセレント カラーD フローレス 婚約指輪 エンゲージリング 山形県山形市 宝石店 ジュエリーショップ アトリエジェムカフェ


予め勉強されてきた方だと、カラーやクラリティについて、ご希望を頂く事もありますが、

ほとんどのお客様が「どう選んだら良いかわからない」ということで、

色々とダイヤモンドの評価の違いをご紹介しながら

お客様の優先順位をお伺いしつつ、おすすめのところを

ご紹介させて頂きますので、どうぞご安心ください。


私の場合は、まずは「どんなデザインの婚約指輪」(あるいは婚約ネックレス)

を贈りたいか、お伺いしてデザインをある程度決めた後、

そのデザインの婚約指輪やネックレスに合わせて、全体のバランスが整う範囲で

ダイヤモンドの大きさ(カラット)をご提案していきます。


この次にカットを決めますが、私はカットに関しては基本的に最上級評価の「トリプルエクセレント」をお勧めしています。


トリプルエクセレントとは、通常ダイヤモンドのカット評価はエクセレント(Exellent)が最高なのですが、更にダイヤモンドの研磨の対称性や研磨状態が良いダイヤモンドの事です。


トリプルエクセレントのダイヤモンドは、明らかに輝きが強いので、せっかくダイヤモンドを選ぶのであれば、このクラスをお勧めしております。


次にクラリティ、そしてカラー、と決めていきますが、クラリティについては、肉眼で見た時に

ダイヤモンドの輝きを邪魔しないグレード(評価)のものを。


カラーについては、婚約指輪やネックレスの金属がプラチナにするか金にするかで

おすすめするグレードが変わりますが、いずれにせよ

肉眼で見た時の色合いが透明に近くなるグレードのものを

それぞれご提案させて頂きます。


また、ダイヤモンドはグレードによって価格も大きく変わってきます。

お話をさせて頂く中で、優先順位が決まったら、そこからご予算に合わせて

ちょうどよいバランスのダイアモンドを見つけるお手伝いもしております。



唐草模様のマリッジリング オーダーメイドでお仕立てした結婚指輪 鍛造プラチナの指輪 山形県山形市のジュエリーショップ 宝石店 アトリエジェムカフェ


結婚指輪については、婚約指輪と違い直径2ミリ程度の小さいダイヤモンド(メレダイヤともいわれます)を入れる場合がありますが、このサイズでもエクセレントカットでのお仕立てができます。


カットの違いでどれくらい輝きが違うのか、サンプルストーンもご用意しておりますので

実際にご覧頂きながら、ご検討下さい。



 

宜しければ下の記事もご覧下さい。


婚約指輪や婚約ネックレス用のダイアモンドを選ぶ時のポイント.2 クラリティ


婚約指輪や婚約ネックレス用のダイアモンドを選ぶ時のポイント.3 カラー 


これまでお仕立てした作品をご紹介しております。


婚約指輪の作品例を見る


婚約ネックレスの作品例を見る