宝石商が伝えたい、ブライダルリングにおすすめの金属について(ゴールド編)

更新日:5月3日

こんにちは(*^^*)アトリエジェムカフェの佐藤宏太です。オーダーメイドのブライダルリングをお探しの方は、ぜひ私にご相談下さいませ(*^^*)


さて前回はプラチナについてご紹介をさせて頂きました。

宝石商が伝えたい、ブライダルリングにおすすめしたい金属について(プラチナ編)


今回はゴールドについてご紹介したいと思います。ゴールド(金)と言っても実は色々な種類がありますが、金の色、金の品位別に分けてご紹介させて頂きます。まずは金の色別の特徴から。

★イエローゴールド(K18YG)


サイズ直しをした金の結婚指輪


一般的な金の色がこちら。業界では「イエローゴールド」でしたり、「YG」と表現します。ジュエリーとしても良く見るお色です。ブライダルリングとしてお仕立てになるときも安心しておすすめできる金属ですが、あえてデメリットを上げるとすれば【ダイヤモンドの色が若干、黄色みがかってみえる】ということが挙げられます。


ダイヤモンドには様々なカラーの基準がございますが、特に「純白のダイヤモンド」にこだわる方は、

ゴールドではなくプラチナでのお仕立てがおすすめです。ダイヤモンドは無色透明の宝石ですので、どうしても金属の色が少し入り込んでしまいます。


私の感覚では、ダイヤモンドの大きさが直径約5mmほど、カラットでいえば0.5ct以上になってくると、イエローゴールドでお仕立てした際にダイヤモンドのお色に影響が出てくるように感じます。


★ピンクゴールド(K18PG、ブランドによってはK18RGなど)



ピンクゴールドでお仕立てしたオーダーメイドの婚約指輪