【金属アレルギーの方へ】アレルギーを起こしにくい金属・ジュエリー

こんにちは(*^^*)

アトリエジェムカフェの佐藤宏太です。

本日は【アレルギーを起こしにくい金属・ジュエリー】についてご紹介致します。


アレルギー、辛いですよね💦

私もジュエリーを扱っている中で金属アレルギーがでてしまい、お気に入りの18金の指輪が着けられなくなってしまいました・・・(´;ω;`)


さて、結論から申し上げますと、アレルギー反応がほとんど起こらないジュエリー用金属は2種類あり、【純プラチナ(Pt1000)】と【純金(K24)】です。


そもそも、なぜ金属アレルギー反応が起こるのか?

それは、汗で金属が溶けるからです。


ジュエリー用の金属は、大きく分けて「銀・金・プラチナ」がございます。

汗と反応しやすい(イオン化しやすい)順に、銀→プラチナ→金となります。

そのため、金やプラチナと比べると銀はアレルギーを起こしやすい金属です。


ではプラチナと金はどうでしょうか。

ジュエリーに使用している金やプラチナは、そのままでは加工しにくい為、他の金属を混ぜています。

例えば18金(K18)であれば、成分のうち25%は「銀」や「銅」が入っています。

プラチナの場合Pt850やPt900が、15%~10%は「パラジウム」という金属が混ざっています。


プラチナや金や汗と反応しにくいのですが、プラチナや金に混ざった「銀・銅・パラジウム」が汗と反応しやすく、アレルギーを引き起こしてしまうのです。


では、アレルギーを起こさないためには?

純粋なプラチナ・純粋な金でできたジュエリーを選んでください。


当店では結婚指輪やジュエリーリフォームの際に、純プラチナ(Pt1000)や純金(K24)での

製作もお引き受けしています。


加工内容によっては少し割高になってしまう事もありますが、金属アレルギーでお悩みの方は純プラチナ・純金のジュエリーをぜひご検討下さいませ。